起業

バーチャルオフィスで法人口座開設は可能?口座開設のコツ・審査基準も解説

バーチャルオフィスを利用したいが、バーチャルオフィスの住所だと法人口座開設ができないと聞いて、不安に思っている方もいるでしょう。

実際は、バーチャルオフィスでも法人口座開設は不可能、という訳ではありません。ただ、口座開設のコツを掴んでいないと、難しい場合が多いです。

本記事では、バーチャルオフィスで法人口座を開設するコツや、法人口座の審査基準を解説します。どういった銀行なら開設がしやすいのかも、まとめました。

バーチャルオフィスで法人口座の開設は可能?

バーチャルオフィスとは、物理スペースはなく、住所のみを貸し出すサービスのことです。バーチャルオフィスから借りた住所は、法人登記などで活用することができます。

バーチャルオフィスの住所でも、法人口座の開設は可能です。ただし、難易度は高いと言っても良いでしょう。審査に落ちてしまう人も多いと推測されます。

バーチャルオフィスを利用する場合、法人口座が作りにくくなることは、予め念頭に入れておきましょう。

銀行ごとに開設のしやすさが変わる

銀行と一口にいっても、ネット銀行や信用金庫など、様々な種類があります。また、それぞれ審査の厳しさも、異なります。銀行によっては、バーチャルオフィスの住所でも、法人口座開設がしやすい場合もあります。

そのため、一度開設の審査に落ちた方も諦める必要はありません。他の銀行なら、開設できる可能性もあるからです。

後ほど詳しく解説しますが、ネット銀行の場合、バーチャルオフィスでも開設しやすい場合が多いです。

バーチャルオフィスの種類によっても異なる

銀行の種類に加えて、バーチャルオフィスの種類によっても、法人口座の作りやすさは異なります。バーチャルオフィスの信頼性が高ければ、印象が多少は良くなって審査に通るかもしれません。

一方で、そのバーチャルオフィスで過去に犯罪や事件があった場合は、法人口座開設は厳しくなります。そのため、バーチャルオフィスと契約する前に、バーチャルオフィスの信頼性について調べる必要があるでしょう。

バーチャルオフィスで法人口座開設が難しい理由

バーチャルオフィスで法人口座開設が難しいのには、理由があります。理由は大きく分けて、次の3つです。

  • 口座開設自体が以前より厳しくなった
  • バーチャルオフィスの信用性が低い
  • 過去に詐欺で悪用された事例がある

バーチャルオフィスで法人口座を開設する場合、これらの問題をどう乗り越えるかが、重要となります。1つ1つの理由について、詳しく解説しましょう。

口座開設自体が以前より厳しくなった

バーチャルオフィス関係なしに、法人口座の開設自体は、昔より厳しくなったと言われています。口座開設を許可した会社が、何か問題を起こした場合、銀行側も被害を被ります。そのため少しでも怪しい会社は、避けたいと銀行側は思っています。

審査は厳しいため、口座開設の審査に落ちてもそこまで落ち込むことはありません。それよりも、なぜ審査に落ちたのか分析し、次に活かすことです。

バーチャルオフィスの信用性が低い

バーチャルオフィスを使っている企業は、信用性が低いと見做されやすいです。バーチャルオフィスは比較的新しいサービスということもあり、世間からまだ認められていない側面はあります。

また、基本的にバーチャルオフィスは、資金が少ない人が利用します。そのため、バーチャルオフィスを使っていない人の方が、会社として力があると思われ、有利になりやすいです。

過去に詐欺で悪用された事例がある

バーチャルオフィスの住所は、過去に悪用された事例があります。バーチャルオフィスの住所で法人口座を開設し、犯罪を行った人がいました。そして、残念なことに、そういった犯罪は何回か繰り替えされたのてす。

最近では、バーチャルオフィス側も審査を厳しくしており、そういった犯罪が行われる例は少なくなっています。とはいえ、こういった事件があったため、銀行側はよりバーチャルオフィスを警戒しています。

法人口座を開設した方が良い理由

バーチャルオフィスの住所で法人口座開設は、確かに難しいです。審査が通る銀行を探すのが、面倒という方もいるでしょう。しかし法人口座を開設することには、様々なメリットがあります。

そのため、できれば法人口座は開設した方がよいでしょう。具体的には次の3つのメリットがあります。

  • 法人名義のクレジットカードが使える
  • 財務状況が把握しやすくなる
  • 社会的信用が上がる

1つ1つのメリットについて、詳しく解説します。

法人名義のクレジットカードが使える

法人名義のクレジットカードが使えるのは、大きなメリットです。法人のクレジットカードを作れば、私用と分けることができます。

業務で使うものは、全て法人のクレジットカードを使うようにすれば、確定申告が楽になります。クレジットカードの明細を見て、そのまま書いていけば良いだけで、仕分けの必要がありません。

財務状況が把握しやすくなる

法人口座を開設することで、財務状況が把握しやすくなるメリットもあります。銀行を介して支払いや振り込みを行うため、会社のお金の動きを、通帳で全て確認することが可能です。

お金の動きを明確に把握できれば、「無駄に費用を使っていないか」も明らかになります。特に、起業当初は、コストをいかに抑えるかは、重要といえるでしょう。

社会的信用が上がる

法人口座を開設することで、社会的信用が上がるのもメリットです。請求書などに書かれる口座が、法人口座であれば、相手から信頼されやすくなるでしょう。

法人口座があるだけで、銀行の厳しい審査を通過した、信用できる会社と認められやすいです。特に起業当初の場合、契約数が少ないため、取引先からの信頼を獲得するのは重要でしょう。

銀行別に法人口座開設のしやすさを解説

銀行ごとに法人口座開設の難易度は異なります。A銀行の審査には落ちたが、B銀行は受かった、ということはあり得ます。一度審査に落ちた人も、諦めることはありません。

銀行には大きく分けて、次の3つの種類があります。

  • ネットバンク
  • 信用金庫
  • メガバンク

3つそれぞれの法人口座開設の難易度を、解説していきましょう。

ネットバンク

ネットバンクは、3つの中で最も法人口座を開設しやすいです。審査が他に比べ緩く、バーチャルオフィスでも通りやすのでおすすめでしょう。

また、ネットバンクは手数料が安いのも魅力です。資金が不足している場合も、ネットバンクの利用が適しているでしょう。ただし、ネットバンクの種類によっては、審査に落ちてしまう場合もあります。そのため、決して油断はできません。

ネットバンクの審査に合格するコツは、自社のホームページを持つことです。そして、ホームページに自社の業務内容を記載することです。ネットバンクは、ホームページを見て、会社の信頼度を判断します。

ホームページは、企業の認知度を高めるためにも必要不可欠なものなので、作成しておきましょう。なお、バーチャルオフィスによっては、ホームページの作成をサポートしてくれるサービスがある場合もあります。

信用金庫

信用金庫は、地方で事業展開するベンチャー企業にとって、強い味方となってくれます。信用金庫は、地域と深い繋がりを持っており、積極的に事業の相談に乗ってくれます。また、信用金庫の会員になれば、会員限定のサービスを受けられることもあります。

ただし、信用金庫の法人口座は非常に審査が厳しいです。バーチャルオフィスの住所の場合、審査に落ちてしまう確率が高いでしょう。

また、信用金庫は振込手数料が高いのも難点です。バーチャルオフィスを活用する方は、起業したばかりの場合が多いので、相性がそもそも悪いといえます。信用金庫の利用は、ある程度会社が育ってきてからでも、良いでしょう。

メガバンク

メガバンクとは、巨大な収益規模や資産を有する銀行のことです。三菱UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、などが該当するでしょう。

メガバンクのメリットは、信頼性の高さです。メガバンクの法人口座を開設すれば、取引先からの評価を上げることにも、繋がるでしょう。

ただし、法人口座開設の難易度は高めです。バーチャルオフィスの住所では、中々審査を通過することはできないでしょう。

以上、3種類の銀行について解説しました。やはり、ネット銀行がもっとも法人口座を作りやすいといえます。

法人口座の4つの審査基準

続いて、法人口座の審査基準を解説します。法人口座を作る場合、銀行側は次の4つの基準に基づいて、審査を行うことが多いです。

  • 1.事業所の場所
  • 2.事業内容
  • 3.資本金
  • 4.固定回線の有無

これらの審査基準は、バーチャルオフィスを使わない場合でも同様です。1つ1つの審査基準について、詳しく解説します。

1.事業所の場所

事務所の場所はどこなのかは、銀行口座を開設する際の重要なチェックポイントです。きちんとした場所に事務所があるか、過去に問題のあった住所ではないか、確認されます。

バーチャルオフィスの場合、この審査基準において、不利になるといえるでしょう。会社の住所と、業務を行う住所が違う場合、厳しく見られがちです。

2.事業内容

2つ目の審査基準は、事業内容です。その会社は、どういった事業を行う予定か、適正な事業かなど確認されます。また、事業内容が適正であっても、どういった事業なのか伝わらない場合、審査がおりない可能性があります。

法人口座を開設する際は、事業内容を担当者に、的確に説明しなくてはいけません。口頭の説明のみでは、上手く伝わらない可能性があります。そこで対面時は会社のホームページを提示したり、事業計画書など事業内容が分かる資料を提出したりするのが、良いでしょう。

3.資本金

3つ目の審査基準は、資本金です。資本金がきちんとした額に設定されているか、チェックされます。

一応会社の資本金では、1円でも問題はありません。そのため、とりあえず1円にしておく方も、多いでしょう。ただし資本金が1円だと、事業をまともに行う気がないと、見做されることもあります。

そのため、資本金を1円にするのは避けた方が無難でしょう。

4.固定回線の有無

固定回線があるかどうかも、確認されるポイントです。最近は携帯しかなく、固定回線を引いていない方も多いでしょう。しかし、銀行にもよりますが、固定回線がない場合、法人口座が開設しにくい場合もあります。

バーチャルオフィスによっては、住所だけでなく、電話番号も貸してくれる場合があります。電話番号を貸してもらえば、法人口座開設時に利用することは可能です。ただし、バーチャルオフィスの電話番号では、難しい可能性もあります。

バーチャルオフィスで法人口座を開設するためのポイント6つ

バーチャルオフィスで法人口座を開設するのは難しいですが、不可能という訳ではありません。そこで、法人口座を開設するための、ポイントを紹介します。ポイントは、次の6つです。

  • 1.金額が記載された契約書を提出
  • 2.法人口座を作りやすい銀行を選択
  • 3.バーチャルオフィスに過去にトラブルが起きてないか
  • 4.事業目的を明確化させる
  • 5.担当者から信頼される態度を心がける
  • 6.資本金を1円にしない

これらのポイントを意識すれば、バーチャルオフィスでも、法人口座を作れる可能性が高くなります。1つ1つのポイントについて、詳しく解説しましょう。

1.金額が記載された契約書を提出

法人口座を作るコツは、銀行側にちゃんとした会社だと認めてもらうことです。

そのためには、金額が記載された契約書を提出するのが、おすすめです。契約書を提出すれば、他の取引先と契約を交わし、通常通り事業をやっていると認められやすくなるでしょう。

また、契約書だけでなく、会社のパンフレットや会社情報が記載された名刺なども提出すれば、より信頼性を高めることが可能です。銀行口座を開設する前に、こういった書類を集めておきましょう。

2.法人口座を作りやすい銀行を選択

法人口座を作りやすい銀行を選択するのも、ポイントです。PayPay銀行や楽天銀行といったネット銀行は、比較的審査が緩く、法人口座を作りやすいのでおすすめです。バーチャルオフィスでも、審査が通る可能性は高いでしょう。

ただし、ネット銀行は信頼性が低いのが難点ではあります。取引先に与える影響は、信用金庫やメガバンクの方が良いのは確かでしょう。とはいえ、ネット銀行は手数料も少なく、特に始めのうちは利用しやすいといえます。

3.バーチャルオフィスに過去にトラブルが起きてないか

過去にその住所が犯罪に使われていないか、審査で厳しく見られます。なぜなら、犯罪を犯した人が、名義を変更して口座を作ろうとしている可能性も、考えられるからです。

そのため、契約するバーチャルオフィスで過去に事件などがなかったか、確認するようにしましょう。特に、審査が緩いバーチャルオフィスは、犯罪に使われやすいため要注意です。

4.事業目的を明確化させる

事業内容がはっきりと、銀行側に伝わるようにしましょう。法人口座開設時には、会社の定款の書類が必要です。定款は、事業内容が明確に分かるように書きましょう。

会社によっては、事業内容が多岐にわたる場合もあるでしょう。その場合は、どの事業にもっとも注力するのか、しっかりと補足することが大切です。会社の方針を明確化させれば、審査に通りやすくなります。

5.担当者から信頼される態度を心がける

基本的なことですが、担当者から信頼される態度を心がけましょう。担当者と対面する際の服装がだらしなかったり、清潔感がなかったりすると、不信感を持たれます。そういった所でマイナスイメージを持たれるのは、損といえるでしょう。

また、事業内容を説明する際は、明るくはっきりとした口調で話すことを心がけましょう。自信なさげに話すことも、評価を落とすことに繋がります。

6.資本金を1円にしない

資本金を1円に設定するには、やめましょう。資本金を1円にすると、会社を運営する力がないと思われがちです。資本金はちゃんとした額にすることを、おすすめします。

銀行側が気にするのは、貸したお金がちゃんと返ってくるのか、という点です。責任を持って起業することを示すためにも、資本金が1円では良くありません。

また、資本金が1円だと、銀行だけでなく取引先からも悪い印象を持たれます。

まとめ

本記事では、バーチャルオフィスで銀行口座を開設する方法、について解説しました。銀行口座を開設する近道が、お分かり頂けたかと思います。

バーチャルオフィスで法人口座を開設するのは、難しいですが、不可能ではありません。バーチャルオフィスで開設が難しい理由は、信用性が薄いからです。ならば、銀行側に信用されるにはどうすべきか、考えて対策を打つのが良いと言えます。

今回解説した、法人口座を開設するためのポイントを意識して、銀行口座を開設できる確率を少しでも上げていきましょう。

LINE@でお得最新情報配信中

LINE@で最新の副業情報やお得な新サービスの情報を配信中!

友だち追加