おすすめ副業

副業は会社にバレない?バレる理由と注意点について解説

副業をやりたいと思っているが、副業が会社にバレないのか不安という方も多いのではないでしょうか。副業がバレると、社内での評価が下がるのでは、など気にする方もいるでしょう。

副業を行う前に、勤めている会社で副業を行っても良いのか、確認する必要があります。副業NGの会社であれば、副業をやってはいけないからです。

本記事では、副業は会社にバレるかという点と、バレるとどうなるのか、副業を行う際の注意点、について解説していきます。

会社に内緒で副業をやっても良いのか?

まず始めに、会社に内緒で副業をやっても良いのか、という点から解説していきます。

昨今、「副業解禁」が話題となっています。しかし会社の就業規則などについて調べず、流れに乗って副業を行うのは、止めておくべきです。

そのことについて、詳しく解説していきましょう。

副業禁止の会社で副業を行うのはNG

会社には必ず、就業規則というのものがあります。就業規則は入社した際に配られていることが多いでしょう。副業を行う前に、就業規則を必ず確認しましょう。

就業規則には「副業をやってはいけない」と明記されている場合があります。明記されている場合、副業を行うのはNGとなります。

逆に、副業に関する記載がない場合は、副業を行っても良いということになります。ただし、どういった副業でも問題ない、という訳でもなく、いくつか制限が課せられる可能性もあります。

副業するのに申請が必要な場合もある

副業禁止とは書かれていないが、「申請が必要」と書かれている場合があります。副業を始める前に、会社に申請書類を出し、副業をしても良い、と認められる必要があるということです。

この場合も、会社に内緒で副業をやるのはNGです。必ず就業規則に基づき、申請書類を提出するようにしましょう。

上司や同僚が「うちは副業できない」と言っていても、就業規則を見たら申請すれば副業可能だった、という場合はよくあります。そのため、まずは就業規則を確認するようにしましょう。

副業がバレるとどうなるか?

続いて、会社に副業がバレてしまうとどうなるのか、について解説します。就業規則に「副業禁止」「申請が必要」と書かれているにも関わらず、副業をしてしまうと、何らかのペナルティを受けることもあります。

どういったペナルティを受けることになるのか、詳しくみていきましょう。

また、副業が禁止されていない場合でも、副業していることは、あまり会社の人に公言しない方が良いです。その理由についても、詳しく解説しましょう。

副業禁止の場合は懲戒処分を受ける

副業禁止の会社で副業を行うと、就業規則に基づき、懲戒処分を受けることがほとんどです。懲戒処分には、軽いものから、減給、出勤停止、降格、諭旨解雇、懲戒解雇、などがあります。

厳しい会社であると、懲戒解雇になる恐れもあるということです。このようなペナルティもあるので、副業禁止の会社では副業は行わないようにしましょう。

申請していない場合は公言しない

副業が禁止されていない場合でも、同僚や上司に副業していることは、安易に言わない方が良いでしょう。なぜなら、副業していることを好ましいと思わない人も、中にはいるからです。

たとえば、会社でミスをしてしまった場合、副業をしていると「副業に熱中しすぎているためにミスをしたのでは?」と思われるケースもあります。また、「副業が上手く行ったら会社を辞めてしまうのでは?」と思われてしまう場合も、あるかもしれません。

もちろん、副業に関するイメージは人それぞれであり、中には悪い印象を持たない人もいます。会社が副業を大々的に認めている場合など、副業を公言しても問題ない場合もあります。副業を公言する場合は、周囲の空気を察知した上で行いましょう。

副業が会社にバレる理由

副業禁止の会社でも、副業を内緒でやれば良いのでは、と思う方も多いでしょう。しかし内緒で副業をやっていても、バレてしまうことは往々にしてあります。バレるリスクもあるため、副業禁止の会社では副業をやらない方が良いです。

副業が会社にバレる理由は、次の3つが挙げられます。

  • 住民税の額が変わってしまうため
  • 副業しているところを見られたため
  • 社内に噂が広まったため

1つ1つの副業が会社にバレる理由について、詳しく解説しましょう。

住民税の額が変わってしまうため

副業がバレるもっとも多い理由は、住民税の額の変更によってです。労働者は働いた分だけ住民税を納める必要があります。会社員の場合は、住民税の納付書が会社に届き、会社が納税を行ってくれています。

副業を行い自分の所得が増えると、住民税の額が変わります。そのため、納付書に書かれる金額も変わり、会社側はその変化に気づくでしょう。

このように納付書によって、副業をやっていることがバレてしまうのです。

副業しているところを見られたため

他にも、副業をしているところを見られてしまう人もいます。会社の休み時間で副業をやっていて、背後からパソコンを見られてしまっていた、というパターンは多くあるのです。また、パソコンの履歴を見られて、副業をやっていることがバレる、ということもあるでしょう。

基本的に、就業時間外であっても、会社のパソコンは会社の業務以外で使ってはいけません。バレるバレない関係なしに、会社で副業を行うことは絶対に止めましょう。

社内に噂が広まったため

社内に噂が広がってしまう、というパターンも多くあります。仲の良い同僚1人に、副業をやっていることを話してしまうと、その同僚が他の人に話し、やがて社内全体に伝わってしまう、という可能性はあります。

口が固いと思われる相手でも、口を滑らせてしまうことはあります。友人などには副業をやっていることは、話さない方が良いでしょう。

現金手渡しの副業でもバレる

アルバイトなどなら、現金手渡しの仕事もあります。現金手渡しの仕事なら、バレないだろうと思うかもしれません。しかし、現金手渡しでも基本的には副業はバレます。

というのも、アルバイト先は給料を支払う際、給与支払報告書を提出するからです。これにより、その人が収入を得ていることが税務署に伝わり、住民税が増えてしまいます。そして、やはり納付書が会社に送られて、副業がバレてしまうのです。

副業がバレないようにするには?

副業が禁止されていなくても、副業したことは公言しない方が良い、と解説しました。しかし気をつけないと、公言しなくても副業したことがバレてしまうことはあります。

副業がバレないようにするために、気をつけるべきことを3つ解説します。

  • 住民税を普通徴収にする
  • 周囲に口外しない
  • 匿名で利用できるサービスを活用する

1つ1つの気をつけるべきことについて、詳しく解説しましょう。

住民税を普通徴収にする

副業がバレてしまうのは、住民税の納付書の金額が会社に届くからです。それなら、副業で稼いだ分の納付書は、自分の自宅に届くようにすれば良いのです。

自宅に届くようにするには、確定申告書を提出する際、普通徴収を選択します。そうすれば、副業分の住民税は、自宅に納付書が届きます。

なお、この方法であっても、絶対にバレないという保証はありません。副業禁止の会社では、この方法は使わないで下さい。

あくまで「副業OKの会社だが副業をやっていることは知られたくない」人用の対策です。

周囲に口外しない

住民税を普通徴収にしても、副業をやっていることを周囲に口外してしまい、会社に副業がバレてしまうことはあります。特に副業が軌道に乗っていくと、つい自慢したくなってしまう人は多いです。

また、SNSの書き込みにも気をつけてください。本名でSNSをやっていて、副業のことを書き込んでしまった場合、それを見た会社の人にバレる恐れがあるからです。

匿名で利用できるサービスを活用する

ネット副業を行うなら、匿名で利用できるサービスを活用しましょう。副業サイトの中には、本名が表に表示されてしまうものと、本名は伏せられるものとがあります。本名が表示されるサイトは、使わない方が良いです。

たとえば、クラウドワークスやココナラなどの副業サイトは、匿名でも利用が可能です。こういったサイトを利用するようにしましょう。

副業を行う際の注意点

続いて、副業を行う際の注意点についてまとめました。副業を行う際は、次の4つは最低限気をつけた方が良いです。

  • 本業に支障が出ないようにする
  • 確定申告は必ず行う
  • 本業と競合する副業でないか確認
  • メールを返せる時間帯をクライアントと共有

1つ1つの副業を行う際の注意点について、詳しく解説しましょう。

本業に支障が出ないようにする

副業を行う際は、本業に支障が出ないようにすべきです。たとえば、夜遅くまで副業に熱中し、翌日会社に遅刻してしまうということはあってはいけません。

副業に使う時間は、予め決めておくのがベストです。たとえば、平日は帰宅後2時間のみ、土日は4時間まで、など決めておけば、働きすぎを抑制できます。

あくまで本業がメインであることを意識して、副業を行いましょう。

確定申告は必ず行う

副業を行う場合、確定申告が必ず必要です。副業での収入が20万以上の場合、確定申告が義務付けられています。確定申告を忘れると、加算税や延滞税などのペナルティが発生します。

確定申告は初めての人には難しいことも多いです。特に経費の計算に手間取ります。確定申告の基本的なやり方は、副業開始前に調べておくことをおすすめします。

本業と競合する副業でないか確認

副業を行う場合、本業と競合する副業でないか確認しましょう。副業が許可されている会社でも、本業と競合する副業に関しては禁止されている可能性が高いです。なぜなら、自社にとってマイナスになりうる活動を従業員にしてもらったら、困るからです。

たとえば、本業の会社の競合他社で働く、本業の取引先から商品を仕入れる、競合となる商品を販売する、といった副業はしてはいけません。特に本業と同業種の場合、こういったケースに該当する可能性はあります。

競合するかどうか自分で判断が難しい場合、会社に確認を取った方が良いでしょう。

メールを返せる時間帯をクライアントと共有

メールを返せる時間帯は、クライアントと共有した方が良いです。

先程解説したように、社内で副業を行ってはいけません。そのため、クライアントにメールを返せる時間帯は限られてきます。

メールの返信が遅いと、クライアントからの評価が下がる恐れもあります。そこで、契約前に予め「メールを返せるのはこの時間のみです」と伝えておきましょう。伝えた上で契約を行えば、トラブルが起きることはありません。

副業ができるおすすめサービス!

就業規則に副業禁止の記載がないなら、副業はしても問題ありません。ただ、副業をしたいと思っても、どうやって案件を獲得したら良いか分からない、という方も多いでしょう。

そこで、副業ができるおすすめサービスを紹介します。おすすめサービスは次の3つです。

  • ココナラ
  • クラウドワークス
  • Bizseek

この2つのサービスに登録することで、副業案件を初心者でも獲得することが可能です。1つ1つのサービス内容について、詳しく解説していきましょう。

ココナラ



ココナラはスキルの売り買いができる、スキルマーケットです。「こんなことができます」と、出品を行うことで、そのスキルを欲している人とマッチングすることができます。

たとえば、イラスト作成や動画編集の依頼を、ココナラを通じて受ける人が多くいます。他にも、ビジネスや私生活の相談など、何でも出品が可能です。

スキルの出品は無料で行えます。マージンなどは一切取られることがありません。手軽に副業で稼ぎたい方に、おすすめのサイトでしょう。

何か得意なことがある方は、ココナラでスキルを売ることを試してみてください。

クラウドワークス




クラウドワークスは、仕事を依頼したい人とマッチングできる、日本最大級のクラウドソーシングです。

クラウドワークス上から案件に応募し、依頼者とマッチングして、仕事を請けることができます。仕事のやり取りや報酬の受け取りも、全てクラウドワークスで行うことが可能です。

クラウドワークスは、テレビや日経新聞などで話題沸騰中であり、案件の数は増え続けています。プログラミングやWebデザイン、Webライター、翻訳といった仕事が特に豊富です。ノースキルでできる在宅案件も多く、副業初心者におすすめのサービスです。

Bizseek




Bizseekは2013年に立ち上げられた、クラウドソーシングです。Bizseekもクラウディア同様、手数料の安さが魅力です。Bizseekの手数料は、一般的なクラウドソーシングの約半分となっています。

Bizseekは最近リニューアルオープンしました。リニューアルオープンしたことで、以前よりも使い勝手がアップしました。初めての人でも見やすいプラットフォームとなっています。

Bizseekは新しめのサイトのため、利用者がまだ少ないです。そのため、初心者でも比較的仕事を獲得しやすいでしょう。

将来副業で稼ぐために活用したいスクール!

副業の中には、稼ぎやすいもの、稼ぎにくいものがあります。稼ぎやすい副業は、プログラミングや動画編集など、一定のスキルを要するものが多いです。

スキルを身につける近道は、スクールに通うことです。スクールでは、講師から直接教えてもらえるため身につくペースが独学よりも早いです。加えて、講師が学習進捗を管理してくれるため、途中で勉強を挫折する可能性も低いでしょう。

特におすすめのスクールは、次の2つです。

  • 動画編集スクール クリエイターズジャパン
  • Web食いオンラインスクール

1つ1つのスクールについて、詳しく解説していきます。

動画編集スクール クリエイターズジャパン




クリエイターズジャパンは、動画編集について学べるスクールです。フォトショップやアフターエフェクトなど、Adobe製品の操作方法を習得できます。また、動画編集者として案件を獲得する方法まで、指導してくれます。

サポート体制が整っており、無理なく動画編集の基礎を学ぶことが可能です。初心者目線で、細かい所まで分かりやすく解説してくれます。

動画編集未経験であっても、クリエイターズジャパンの講義を受ければ、案件を獲得できるレベルまで成長できます。

Web食いオンラインスクール




Web食いオンラインスクールは、プログラミングやWebデザインの基礎を学べるスクールです。スクールに通うことで、難しいWeb周りの知識を挫折せず、習得することがてきます。

講師陣には現役のフリーランスが多く、分からない箇所を丁寧に教えてもらえます。ソースコードの添削なども行ってくれる上に、進路相談なども行ってくれます。

プログラミングやWebデザインを学び案件を獲得したいなら、Web食いオンラインスクールがおすすめです。

まとめ

本記事では、副業はバレないのか、について解説しました。副業を行っても良いかどうか、副業を行う場合どういった点に気をつけるべきか、お分かり頂けたかと思います。

まずは会社の就業規則を確認することです。就業規則に副業禁止と記載されている場合は、副業をやってはいけません。また、事前に書類を提出しなければいけない場合も多いです。

副業が禁止されていないことを確認した上で、副業を行いましょう。また、副業が禁止されていない場合でも、副業していることは会社の人にバレない方が良いです。

本記事で解説した、副業がバレないポイントを参考にしてください。

LINE@でお得最新情報配信中

LINE@で最新の副業情報やお得な新サービスの情報を配信中!

友だち追加