おすすめ副業

Webデザイナーの副業に必要なスキルとは?メリット・デメリットを解説

Webデザイナーとして副業を始めたいものの、必要なスキルが多く、始めるべきか迷っているという方もいるでしょう。

本記事では、Webデザイナー副業に必要なスキルを解説します。加えて、Webデザイナー副業のメリット・デメリットについてもまとめました。更に、案件を獲得する具体的方法についても解説しています。

Webデザイナーの副業とは?

Webデザイナーとは、Webサイトのデザインの作成、および実装を行う仕事のことです。顧客から「こんなサイトが作りたい」とイメージをもらい、そのイメージに沿ったデザインを作ります。

Webデザイナーは、正社員として働く人も多いです。しかし、1人でも完結しやすい仕事のため、副業として自宅でWebデザイナーの仕事を受注する人も増えています。

他の副業に比べWebデザイナーは、求められるスキルは多いものの、安定して稼ぎやすいのが魅力です。

Webデザイナーの副業に必要なスキル

Webデザイナーの副業案件を請けるのに、必要なスキルをまとめました。最低限これら4つのスキルは、身につけておく必要があるでしょう。

  • デザインツール
  • Webデザインに関する知識
  • HTML・CSS
  • JavaScript

Webデザイナーの案件に応募すると、これらのスキルが十分かどうか、クライアントにチェックされます。1つ1つの必要なスキルについて、詳しく解説しましょう。

デザインツール

まずWebデザイナーはデザインツールを使いこなせる必要があります。主に使うツールは、Adobe製品と呼ばれものです。IllustratorやPhotoshopなどを使う、デサインを作成します。

他にも、Sketchなどの製品を使う人もいます。デザインツールの使い方を理解しておくことで、デザイン作成に集中でき、制作物の質がアップするでしょう。

デザインツールの使い方は、Youtubeなどの動画を観ながら独学するか、大人向けスクールに通って習得するかする必要があります。

Webデザインに関する知識

Webデザイナーは、デザインセンスの前に、Webデザインに関する知識が求められます。コンテンツやターゲット層に合わせた、Webデザインの基本について、知っておかなくてはいけません。

顧客に「なぜこのデザインにしたか」と問われた際、きちんと理由付けができる必要があります。そのため、Webデザイナーは感性よりもまず知識が求められるのです。

また、UI/UXデザインに関しても、知識が要ります。ユーザーが使いやすいデザインにするのはどうすべきか、知っておく必要があるでしょう。

HTML・CSS

Webデザイナーは、HTML・CSSの知識も必要です。デザインだけを担当する人もいますが、多くの場合実装まで行います。

HTML・CSSはそこまで難しくはありません。ただ、覚えることが多いので、きちんと勉強時間を取る必要があるでしょう。HTML・CSSで習得できる他、プログラミングスクールなどで教えてもらう手もあります。

JavaScript

JavaScriptのスキルも、Webデザイナーの副業をはじめるなら身につけておくといいでしょう。JavaScriptとは、プログラミング言語の1つであり、Webページが開いてから処理の処理を担当します。具体的には、JavaScriptでアニメーションを作成したり、ユーザーの入力に合わせてアラートを表示したりすることが可能です。

JavaScriptはHTML・CSSに比べると難易度が高いです。JavaScriptに関しては、実際に実務をこなしながら、少しすつ覚えていく方が良いかもしれません。

Webデザイナー副業の5つのメリット

続いて、Webデザイナー副業のメリットを紹介します。Webデザイナー副業のメリットは、次の5つです。

  • 1.在宅で自分のペースでできる
  • 2.スキルを高めれば正社員も目指せる
  • 3.副業で得たスキルを本業でも活かせる
  • 4.全体的に単価が高い傾向にある
  • 5.案件数が豊富

Webデザイナーは、苦労してスキルを身につけるだけのメリットが、豊富にあります。1つ1つのメリットについて、詳しく解説しましょう。

1.在宅で自分のペースでできる

Webデザイナーの仕事は、自分のペースでできるのがメリットです。アルバイトなどと違い、働く時間が決まっていません。そのため、本業や育児、家事と両立がしやすいでしょう。

また、基本的に作業は在宅で完結します。クライアントの打ち合わせも、オンラインで行うことが多いです。

2.スキルを高めれば正社員も目指せる

Webデザイナーの仕事は、正社員の求人も多くあります。副業でWebデザイナーの仕事を受注し、スキルを高めていくことで、正社員のWebデザイナーへの道も開かれます。

Webデザイナーは、未経験採用の枠が少ない仕事です。しかし、副業で実績を作っておけば、経験者として見做されるので、正社員として採用される可能性があります。

3.副業で得たスキルを本業でも活かせる

Webデザイナーの副業で得たスキルは、様々なことに活かせます。たとえば、HTML・CSSのスキルを習得することで、会社のホームページのレイアウト修正などを行うことが可能です。

副業で得たスキルを本業で活かせれば、本業でも高く評価を得ることができるでしょう。そうすれば、本業での収入もアップするかもしれません。

4.全体的に単価が高い傾向にある

Webデザイナーの仕事は、全体的に単価が高い傾向があります。なぜなら、Webデザイナーは必要な仕事が多く、参入障壁が高いからです。一方、アンケート回答などスキルが要求されない仕事は、単価が下がりやすいです。

単価が高いため、案件を変更して行わなくても、ある程度の収入を得られます。少ない時間が多く稼ぎたい方も、Webデザイナーがおすすめでしょう。

5.案件数が豊富

Webデザイナーは副業案件も豊富にあります。Webサイトの作成を行い、企業の知名度アップを図りたい企業は、多くあるからです。案件数が多いため、Webデザイナー同士で案件の取り合いになりにくいメリットがあります。

ただし、案件によって単価の差はあり、高単価の案件は実績のある方が獲得することがほとんどです。高単価の案件を獲得したいなら、実績を多く作る必要があるでしょう。

Webデザイナー副業の3つのデメリット

続いて、Webデザイナー副業のデメリットについて解説しましょう。デメリットは次の3つです。

  • 1.必要なスキルが多い
  • 2.作業時間が予想以上にかかることがある
  • 3.最初は案件を獲得しにくい

これらのデメリットは、副業にチャレンジする前に確認しておくことをおすすめします。1つ1つのデメリットについて、詳しく解説しましょう。

1.必要なスキルが多い

Webデザイナーの仕事は必要なスキルが多いです。そのため、副業をスタートさせるまで時間がかかってしまいます。今すぐにお金が必要、という方は他の副業にチャレンジした方が良いでしょう。

ただ、HTML・CSSやJavaScriptのスキルは、習得が難しいという訳でもない、時間をかければ基本的には誰でも習得できます。おすすめは、プログラミングスクールなどに通い、講師に学習を管理してもらうことです。独学で行うと、どうしても途中で挫折してしまいがちです。

2.作業時間が予想以上にかかることがある

Webデザイナーの案件を受注したものの、作業時間が予想以上にかかってしまった、ということは良くあります。特に慣れない内は、クライアントの説明を聞いても、どの程度時間がかかるか見積もりを立てるのが難しいでしょう。

予想以上に時間がかかった結果、納期に間に合わなかったり、夜遅くまで作業することになってしまったりする可能性はあります。こういった事態を防ぐためにも、スケジュールには余裕を持っておくことが大切です。

3.最初は案件を獲得しにくい

Webデザイナーは案件数は多いものの、実績がない最初の内は、どうしても案件を獲得しにくいことはあります。これはWebデザイナーに限らず、プログラミングなど多くの副業に言えることでしょう。

最初の内は案件が取れなくても、「取れなくて当たり前」と考えた方が気が楽です。諦めず多くの案件に応募していけば、いつか獲得できることが多いです。そのため、最初は応募数を増やすことに注力しましょう。

Webデザイナーの副業を行う上での3つの注意点

Webデザイナーの副業案件を請ける際に、いくつか気をつけるべきことがあります。気をつけるべきことは、次の3つです。

  • 1.ポートフォリオを作成する
  • 2.スケジュール管理を徹底する
  • 3.単価設定に注意する

これらの注意点を踏まえた上で、案件に応募することをおすすめします。1つ1つの注意点について、詳しく解説しましょう。

1.ポートフォリオを作成する

Webデザイナーの案件に応募する前に、ポートフォリオを作成してください。案件に応募した際、クライアントからポートフォリオの提出を求められることがあります。ポートフォリオとは、自分が過去に作成した作品をリスト化したものです。

ポートフォリオがないと、クライアントは応募者の実力を図ることができません。実力が分からない人に仕事を任せるのは不安なため他の人に依頼しよう、と考えてしまいます。そのため、ポートフォリオは前もって作っておきましょう。

ポートフォリオを作成するときの注意点ですが、自分のスキルレベルが伝わるように作るのが良いです。Webデザインの勉強を通じて得たスキルは、惜しみなく投下しましょう。

2.スケジュール管理を徹底する

Webデザイナーは、スケジュール管理が大切です。スケジュール管理ができていないと、納期を守れないこともあります。納期を守れないと、クライアントからの信頼が下がってしまい、仕事をもらえなくなってしまいます。

副業で働きすぎると、本業のパフォーマンスも落ちてしまいます。また、健康のためにも、働きすぎないようにした方が良いです。

Webデザイナーの仕事を受注したものの、予想以上に時間がかかることも多いです。そのため、最初の内は案件を受注しすぎず、余裕を持ってスケジュールを組めるようにすることが大切でしょう。

3.単価設定に注意する

Webデザイナーの副業をやる方の多くが困惑するのが、案件によっては単価を自分で設定できることです。クライアントから「この金額でお願いします」と言われるのではなく、自分で仕事にかかる時間や労力を計算して、単価を決めなくてはいけないのです。

始めの内はどの程度の単価にすべきか、悩む人も多いでしょう。単価を高く設定すると、クライアントに断られてしまう可能性もあります。かといって低く設定すると、労力に見合わた報酬がもらえなくなってしまいます。

Webデザイナーの案件相場に関しては、ネットで調べれば、ある程度出てくることが多いです。たとえば、「5ページのコーポレートサイトだと10万円」など具体的に書かれていることもあります。単価相場の情報を多く集めることで、適切な単価設定を行うことが可能です。

Webデザイナーの案件を獲得する方法

ここまで読んで、Webデザイナーの副業に興味を持った方も多いでしょう。しかし、Webデザイナーの仕事はどこから獲得すれば良いのか、分からない方がほとんどかと思います。

そこで、Webデザイナー案件を獲得する方法を解説しましょう。案件を獲得する方法には、次の3つがあります。

  • クラウドソーシングを使う
  • スクールからの紹介を受ける
  • SNS経由で獲得する

1つ1つの案件獲得方法について、詳しく解説しましょう。

クラウドソーシングを使う

1つ目は、クラウドソーシングを使うことです。クラウドソーシングには、副業で行えるWebデザイナー案件が豊富にあります。案件に応募することによって、顧客と簡単にコンタクトが取れ、契約を行うことが可能です。

クラウドソーシングは案件数も多く、Webデザイナーの仕事も獲得しやすいです。ただし、ポートフォリオが必須な案件が多いので、事前に準備しておきましょう。

スクールからの紹介を受ける

2つ目は、スクールからの紹介を受けることです。スクールと連携しているエージェントなどが、案件を紹介してくれることもあります。自分で案件を探す訳ではないため、安心して仕事を請けることができるでしょう。

このように、大人向けのスクールは、単にスキルを教えてくれるだけでなく、様々なサポートが用意されています。そのため、スクールでWebデザインなどのスキルを身につけるのはおすすめです。

SNS経由で獲得する

3つ目がSNS経由で獲得することです。TwitterなどのSNSでは、Webデザイナーを探している企業アカウントが複数あります。それらのアカウントにDMを送ることで、案件を獲得できる可能性があるでしょう。

SNS経由で案件を獲得する場合、手数料がかからないのがメリットです。ただし、案件を安定して獲得できる訳ではないので、メインで使うのはクラウドソーシングの方が良いでしょう。

Webデザイナーを目指すならスクールでスキルアップ!

Webデザイナーとして副業を行うなら、HTMLやJavaScriptなどのスキルが必要です。これらのスキルは独学で身につけることもできます。しかし、独学では途中で飽きてしまったり、分からない所を解決できなかったりする場合も多いでしょう。

そこでおすすめは、大人向けのスクールに通うことです。スクールでは、講師が1からスキルを教えてくれます。特におすすめのスクールは、次の2つです。

  • Web食いオンラインスクール
  • 動画編集スクール クリエイターズジャパン

Web食いオンラインスクール




Web食いオンラインスクール、プログラミングやWebデザインの基礎を学べるスクールです。スクールに通うことで、難しいWeb周りの知識を挫折せず、習得することがてきます。

講師陣には現役のフリーランスが多く、分からない箇所を丁寧に教えてもらえます。ソースコードの添削なども行ってくれる上に、進路相談なども行ってくれます。

Webデザインを学びWebデザイナー案件を獲得したいなら、Web食いオンラインスクールがおすすめです。

動画編集スクール クリエイターズジャパン




クリエイターズジャパンは、デザインについて学ぶことができるスクールです。

動画編集だけでなく、グラフィックデザインについて学べる講座もあり、Webデザイナー志望者におすすめです。デサインセンスを磨くために、どういったことに気をつけるべきなのか、講師が分かりやすく教えてくれます。

また、llustratorとPhotoshopなどの使い方も1から学習可能です。元Adobeスペシャリスト認定インストラクターに、直接学ぶことができます。

まとめ

本記事では、Webデザイナー副業について解説しました。Webデザイナーの副業のメリット・デメリットや、案件獲得方法などが、お分かり頂けたかと思います。

Webデザイナーは必要なスキルは多いもの、安定して高収入を得やすいのが特徴です。

スキルを身につけるのが難しい場合は、今回解説した「Web食いオンラインスクール」や「動画編集スクール クリエイターズジャパン」で講師に、教えてもらうのが良いでしょう。スクールに通った方が、独学よりも早く効率的にスキルを身につけられます。

本記事が、Webデザイナーの副業に興味のある方にとって、有意義なものとなれば幸いです。

LINE@でお得最新情報配信中

LINE@で最新の副業情報やお得な新サービスの情報を配信中!

友だち追加